小学生向けプログラミング

【小学生向け】自宅でできるレゴプログラミングの魅力とは?

【小学生向け】自宅でできるレゴプログラミングの魅力とは?

遊びながら学び(Playful Learning)、作ることで学ぶ(Hands-on Learning)ことを教育理念にしているレゴ。

遊び感覚でプログラミングを学べることが最大の魅力ですが、

「近くに教室がない…」

レゴプログラミング教室は月謝が高い!」

「他に習い事をしていて忙しい」

といった悩みを抱えている方は多いのでは?

そんな方には、自宅でのレゴプログラミング学習がオススメです。

ここでは、自宅でできるレゴプログラミングの魅力を3点ご紹介します。

レゴプログラミングの特長を理解して、お子さんに合った学習方法を選びましょう!

好きな時に、じっくり取り組める

キットを手元に置いておけるので、好きな時間に取り組むことができます。

レゴプログラミングについて、「2時間以上黙々と作業している」「暇を見つけては

プログラミングしている」と、子どもの熱中ぶりが伝わる口コミが多いです。

お子さんの知的好奇心に任せて、じっくり取り組めるのは自宅学習ならではですね。

家族で楽しみ、学び合える

レゴプログラミングは、子どもだけでなく、大人も充分に楽しめる内容です。

家族で取り組むと、プログラミングに関する理解が深まったり、

コミュニケーションが活発になったりするメリットがあります。

また、子どもの成長をすぐ傍で見守ることが出来るのも、うれしいポイントですね。

開発で使用される実践的プログラミング言語も学習できる

小学校高学年向けの「教育版レゴ® マインドストーム® EV3」では、感覚的に操作できる

ビジュアルプログラミングだけではなく、「Python」「C言語」「Java」「mRuby」といった

言語を打ち込むテキストコーディングにチャレンジすることが可能です。

お子さんの「もっと学びたい!」に応えてくれるキット。

WRO(ワールド・ロボット・オリンピアード)という、国際的ロボットコンテストにも

使用されています。

子供の将来が心配な方へ

子供にプログラミングを学ばせてあげたいけど、どうしたら良いのかわからない...
そんな方も多いと思いますが、朗報です!

子供向けプログラミング教育のリタリコワンダーの授業を
無料で受講することができます!
オンラインにも対応し、自宅でプログラミング教育を体験することができます。

申し込みは簡単!
たった1分で終わります。


いつまで無料体験ができるかわからないので、
気になる方は今すぐ無料体験を受けてみてください!

レゴプログラミングの遊び方とは?

レゴプログラミングは、以下5つのステップで進行します。

それでは、順番に説明していきましょう。

1.ソフトウェアをダウンロード

 各種ダウンロードサイトから、OSと言語を選択してソフトウェアを
 ダウンロードします。
 OSの例:Mac OS、Windows(7,8.1,10)、Windows10(touch device)、Chromebook、

     Android、Fire tablets、iPad

 ダウンロードサイトで選択肢にあるOSを使用できる端末ならOKですが、

 プログラミングのしやすさを考えると画面の大きいタブレットやPCの使用を
 オススメします。

2.組み立て

 ステップ2でダウンロードするアプリの中の「組み立てガイド」を参考に
 レゴを組み立てます。

 もし購入前にイメージを掴みたいなら、以下公式サイトから商品を検索すれば
 組み立て説明書を見ることができます。


 組み立て説明書 – コンシューマーサービス – LEGO.com JP

3.プログラミング

 ダウンロードしたソフトウェアでプログラムを組みます。

 各キットのプログラミングは、以下のような内容です。

レゴブースト直感的で分かりやすいアイコン型ブロックをドラッグアンドドロップしながらプログラムを作成。
WeDo 2.0直感的で分かりやすいアイコン型ブロックをドラッグアンドドロップしながらプログラムを作成。
SPIKEプログラミング言語・Scratchをベースにしたレゴ社オリジナルの専用アプリを使用。直感的に操作可能。
マインドストーム EV3直感的で分かりやすいアイコン型ブロックをドラッグアンドドロップしながらプログラムを作成。
また、様々なプログラミング言語にも
対応。対応言語:「Python」「C言語」「Java」「mRuby」

4.レゴと端末を接続

Bluetoothを使って接続するので、タブレットやPCといった端末のBluetoothをONにしてください。

5.動かす

 レゴロボットを動かし、意図した動きをするか確認します。
 プログラミングの内容がすぐに目で見てわかるのが、レゴプログラミングの
 良いところですね。プログラミングの設定を変えることで動きが変わることも

 実感しやすいです。

レゴプログラミングキットの選び方とは?

レゴキットには、【玩具版】【教育版(レゴエデュケーション)】の2種類があります。

玩具版と教育版の違いは以下の通りです。

  • 玩具版:プログラミングができるおもちゃ。おもちゃ屋さんやネットショッピングで
        手に入る。
        レゴ®ブースト、レゴ® マインドストーム EV3(玩具版) 等
  • 教育版:学習体験を重視した教材。学校やプログラミング教室でも使用されている
        WeDo 2.0、レゴ®エデュケーション SPIKE™ プライム、
        教育版レゴ®マインドストーム®EV3 等

では、自宅でレゴプログラミングを学ぶには、どんなキットを選ぶのが良いのかを

ご説明していきます。

プログラミングの学習目的で買うなら【教育版】

結論から言うと、プログラミング教育のために購入するのであれば【教育版】

選ぶことをオススメします。

【玩具版】は身近なお店に置いてあったり、パッケージがカッコ良かったりと

子どもにとって魅力的かもしれませんが、長期的に学習に活用できるのは【教育版】だから

せっかくお金を払って購入するのに、一時的に遊ぶだけではもったいないですよね。

【教育版】には、以下のような特長があります。

  • チュートリアルが用意されていて、プログラミングの概念を段階的に学べる
  • トレーがついているから、子どもでも片付けしやすい
  • より体系的に学ぶために、Z会やアフレルからテキスト付き教材が出ている

学習効果を高めるには、テキスト付きを選ぶ 

サイトから無料でダウンロードできるソフトウェアが良くできているので、

テキストなしでプログラミング学習をすることも充分可能。

しかし、レゴプログラミング教室に近いイメージで体系的に学ぼうと思うと、

Z会やアフレルが提供しているテキスト付きプログラミング講座がオススメです。

また、以下のような理由からプログラミング講座は安心。

  • 小学生でもわかりやすい言葉&イラストで解説するテキストで、学習効果が高まる
  • Z会のように毎月届く通信講座だと、”全く手をつけないで放置…”になりづらい
  • 確実に国内正規品、かつ【教育版(レゴエデュケーション)】が確実に手に入る

Z会のプログラミング講座については、以下の記事も参考にしてください。

Z会のプログラミング講座の評判・口コミまとめ

テキストは不要と判断して、テキストなしのものを楽天やAmazonのネットショップで
購入する場合は、国内正規品&【教育版】であることをしっかり確認しましょう!

輸入並行品等が割安で販売されていることがありますが、国内正規品では付いている部品が

なかったり、トラブルがあった際に問い合わせに苦労したりするケースがあります。

【無料】おトクな3つの情報

プログラミング・ロボット教室リタリコワンダー
無料体験やってます!

②ソニーが開発したプログラミング教材
KOOVのプログラミング教室無料体験実施中!

③お家で好きな時間にプログラミング学習ができます!
Z会プログラミング講座
無料で資料請求ができます!