小学生向けプログラミング

教科書がひどい!?学校のプログラミング教育の問題点とは?

2020年から小学校でのプログラミング教育が必修化しましたが、コロナによる混乱と

バッティング。

「正直、実態がわからない…」というお父さん・お母さんも多いのでは?

この記事では、小学校のプログラミング教育の実態と、その問題点についてご説明します。

プログラミング教育必修化の理由

なぜ小学校のプログラミング教育が必修化されたのでしょうか?

その理由を知るために、文部科学省が発表した「小学校プログラミング教育の趣旨と計画的な準備の必要性について」を読んでみました。

結果、必修化の背景には2つのポイントがあることが分かりました。

  • 少子化による急激な人口減少とIT技術の発展により、「新たな社会」が到来
  • 子どもの「変化に適応する力」を育む必要性

「新たな社会」と「変化に適応する力」の詳細は、以下の通りです。

予測される未来

  • IoT、ビッグデータ、人工知能(AI)、ロボットなど技術革新による
    「第4次産業革命」
  • サイバー空間(仮想空間)とフィジカル空間(現実空間)が高度に融合
  • 今後10年~20年程度で、半数近くの仕事が自動化される可能性が高い
  • 人工知能の発展で2045年以降は人間の脳では予測不可能な未来が到来

人々の働き方やライフスタイルが変化

予測できない変化を前向きに受け止め、主体的に向き合い、自らの可能性を発揮し、よりよい社会と幸福な人生の創り手となるための力を育む

小学校からプログラミング教育を導入する理由としては、以下が挙げられます。

  • 家電や自動車など、身の回りに存在するコンピュータがプログラミングで
    動いていることを理解する
  • コンピュータをより適切、かつ効果的に活用するために、仕組みを理解する
  • 社会で活躍するきっかけをつくる

参照:文部科学省による行政説明資料「小学校プログラミング教育の趣旨と計画的な準備の必要性について

今の小学生は、生まれた時からスマホが身近にあるような「デジタルネイティブ」。

また、海外でもプログラミングの早期教育が盛んなことを考えると、
学習指導要領の改訂は自然な流れでしょう。

子供の将来が心配な方へ

子供にプログラミングを学ばせてあげたいけど、どうしたら良いのかわからない...
そんな方も多いと思いますが、朗報です!

子供向けプログラミング教育のリタリコワンダーの授業を
無料で受講することができます!
オンラインにも対応し、自宅でプログラミング教育を体験することができます。

申し込みは簡単!
たった1分で終わります。


いつまで無料体験ができるかわからないので、
気になる方は今すぐ無料体験を受けてみてください!

プログラミング教育の狙い

小学校のプログラミング教育の狙いは、主に3点です。

  1. 「プログラミング的思考」を育む
  2. 社会が情報技術に支えられていることに気付く。
    また、問題解決に主体的に取り組む態度、コンピュータを活用してよりよい社会を
    築こうとする態度を育む
  3. 各教科の内容を指導する中で実施する場合、教科での学びをより確実なものにする

一番の要である「プログラミング的思考」については、以下のように定義されています。

プログラミング的思考とは

自分が意図する一連の活動を実現するために、どのような動きの組み合わせが必要であり、一つ一つの動きに対応した記号を、どのように組み合わせたらいいのか、記号の組み合わせをどのように改善していけば、より意図した活動に近づくのか、といったことを論理的に考えていく力

小学校プログラミング教育の手引」より

要するに、目的に対して論理的にアプローチする思考力ということです。

社会人でも、この力があるかないかで、パフォーマンスに雲泥の差が出ますよね・・・

小学生の頃から意識的に鍛えられるのなら、素晴らしい教育です。

「プログラミングの教科書」はない! プログラミング教育の実態

必修化と聞いて、プログラミングの教科書や、時間割にプログラミングが加わるのを

イメージした方も多いのではいないでしょうか?

SNSでも、教科書ではないテキストの一部が切り取られ「ひどい内容だ」と非難される
残念なケースがありました。

実際は「プログラミング」という教科は存在せず、算数や理科、総合などの時間で、

各教科の学習内容に合わせてプログラミングを取り入れる形で行われています。

例として、3年生の算数の教科書の1ページをご紹介します。

出典:「たのしい算数 3年」プログラミング教育|令和2年版 小学校算数 内容解説資料|大日本図書

プログラミング教育ポータルの「2020年度から使用される教科書の中のプログラミング」では、教科書のプログラミング教育に係る部分が一覧化されているので、参考にしてください。

どの教科で、何年生から、何時間教えるかなどは、各学校で計画します。

詳細が知りたい場合は、担任の先生に聞いてみるのが一番確実です。

プログラミング教育の課題

では、小学校のプログラミング教育に課題はあるのでしょうか?

3つの疑問から考えてみたいと思います。

1.教員がプログラミングを教えられるの?

プログラミングの先進校を除くと、専門家を呼んで授業ができる小学校は少なく、

普段教科を教えている教員が授業を行うケースがほとんどです。

2020年にLINEみらい財団が全国の小学校教員を対象に行ったアンケートによると、

必須化に対して不安を感じている教員は全体で7割以上でした。

出典:LINEみらい財団、プログラミング教育必修化に関する調査を実施 不安を感じている教員が7割以上、特に20-34歳の若い世代は約9割

不安の理由としては、「ゆっくりプログラミングのことを考える時間がない」が最多。

教員の熱意や知識によって、授業の質が左右される懸念があります。

一方で、子どもに任せることの重要性もあります。

私自身、小3と小1の子どものプログラミング学習を見守るとき、最初に基本的な考え方だけを

サポートして、あとは「自分でやってごらん」と任せています。

そうすると、大人以上の集中力を発揮。

親でも分からないような課題を、黙々とクリアしていくのです。

「デジタルネイティブ」な彼らのほうが、一枚上手なんですね。

校外から専門家を呼べるなら、願ったり叶ったり。

しかし、そうではない場合でも、教員が「プログラミング的思考」を促進する教え方を

することで、学習効果は期待できます。

2.ネット利用で危険に巻き込まれない?

SNSをはじめ、インターネットトラブルが続出する中、

子どもがネットを使い始めることに抵抗感があるお父さん・お母さんも多いと思います。

実際に、子どもにも情報リテラシーは必須です。

小学校でも、情報リテラシーに関する授業を行う、学校から貸与するコンピュータには

閲覧制限がかかっているなど、対策をとっているところが多いです。

(詳細は、学校に確認してみましょう)

同時に、日頃から家庭でも声かけをすることが、とても重要です。

最新のインターネットトラブルの事例集も公開されているので、

何気ない行動が大きなトラブルに発展する可能性があることを、しっかり伝えましょう。

以下のようなサイトが参考になります。

#NoHeartNoSNS(ハートがなけりゃSNSじゃない!)

安心ネットづくり促進協議会: もっとグッドネット

コンピュータとよい関係をもち、前向きに活用するためにも

必ず押さえておきたいですね。

3.本格的なプログラミングまで学べる?

先述の通り、小学校のプログラミング教育の狙いは「プログラミング的思考」の育成。

テキストコーディングなど専門的な技術を学ぶかは、各学校の教育方針に委ねられています。

専門職として通用するような技術を学びたい場合は、

プログラミング教室に通うことを検討しましょう。

独学で学ぶことも可能ですが、つまづいた時に専門家のフォローが受けられるかどうかで

成長スピードに差が出ます。

無料体験ができるプログラミング教室は、以下の記事を参考にしてください。

【小学生向け】無料でできる!プログラミング教育

まとめ

  • プログラミング教育は、「新たな社会」に適応する力を育てるために導入
  • 必修化の狙いは、「プログラミング的思考」を身に着けること
  • 各教科の学習内容に合わせてプログラミングを取り入れる形式で実施中
  • 必修化に不安がある教員は7割
  • 情報リテラシーは学校任せにせず、家庭でもしっかり教える
  • 実践的プログラミングを学びたい場合は、プログラミング教室を活用しよう

プログラミング教育が必修化されて日が浅く、注目度とあいまって各方面から

様々な意見が出ているのが現状です。

個人的には、身近にある多くのコンピュータの仕組みに気付けるだけでも、

プログラミング教育導入の意味はあると思います!

その気付きをどれだけ発展させていくかは、子どもの意欲次第ですもんね。

必要以上に心配せず、「新しい視点をもつきっかけ」ができたことを

あたたかく見守りましょう。

【無料】おトクな3つの情報

プログラミング・ロボット教室リタリコワンダー
無料体験やってます!

②ソニーが開発したプログラミング教材
KOOVのプログラミング教室無料体験実施中!

③お家で好きな時間にプログラミング学習ができます!
Z会プログラミング講座
無料で資料請求ができます!