小学生向けプログラミング

レゴスクールの料金・費用は高い?費用をおさえる方法も紹介

レゴスクールの料金・月謝は高い?

「レゴ好きの子どもをレゴスクールに通わせたいけれど、うちでも通える?」

「レゴスクールは高いと聞くけれど、実際いくら位なの?」

といった疑問を抱えるお父さん・お母さんはのために、

この記事ではレゴスクールの費用についてご説明します。

レゴスクールでは、入会金、教材費、ワークブック代、月謝が必要です。

イメージが沸くように、内訳の例をご紹介します。

レゴスクールの費用はプログラミング教室の相場と同じくらい

小3・東京自由が丘校で「ワールド・コーディングⅠ(1回60分・年間42回)」を受講した場合

入会金22,000円
キット(スクール使用 退会まで同じ教材を活用)61,248円
ワークブック (2冊組価格・コースごと)5,500円
初期費用合計83,748円
月謝13,750円
60分あたりの料金3,929円

※2021年3月時点。時期や教室によって料金が異なる場合があります。

ロボットプログラミング教室の月謝の相場は、1時間あたり3千円~4千円なので

実はレゴスクールは平均的な料金です。

但し初期費用を含めると10万を超えてしまうので、子どもの習い事にしては

高額に感じますよね、、

大半を占めているのが、教材であるレゴのロボットキットです。

同じキットを楽天市場などのオンラインショップで購入することも可能ですが、

教室の教材費と値段に大きな差はありません

世界基準のレゴキットで、レゴ社認定のインストラクターの指導を受けるとなると、

妥当な料金設定なのでしょう。

実際に通っている方の口コミでは、「カリキュラムがしっかりしている」「子どもが楽しんで

いるのが一番」と好意的なものが多いです。

レゴ好きのお子さんのためにレゴスクールを始めるのであれば、

年度初めからスタートして教材費が無駄にならないようにしたいですね。

続いて、各料金の詳細です。

レゴスクールの各料金の詳細

入会金

教室によって異なります。

22,000円(税込) または 11,000円(税込)のいずれか。

教材費・ワークブック・月謝

教室やコースによって異なります。

参考として、東京自由が丘校の2021年度コースをご紹介します。(赤枠で囲まれているのが、レゴプログラミングのコースです)

教室によって提供コースや内容、価格は異なる場合があります。詳細は各教室へお問い合わせください。

子供の将来が心配な方へ

子供にプログラミングを学ばせてあげたいけど、どうしたら良いのかわからない...
そんな方も多いと思いますが、朗報です!

子供向けプログラミング教育のリタリコワンダーの授業を
無料で受講することができます!
オンラインにも対応し、自宅でプログラミング教育を体験することができます。

申し込みは簡単!
たった1分で終わります。


いつまで無料体験ができるかわからないので、
気になる方は今すぐ無料体験を受けてみてください!

レゴスクールのカリキュラムは?

小学生がレゴプログラミングを学ぶ場合、以下4つのコースがあります。

発達段階に応じた学習のために、学年別でクラス編成されています。

学年レッスン時間と回数内容
コードクリエイター小1・小2~50分×42回/年「WeDo2.0」のビジュアルプログラミングを通じ、問題解決力・論理思考力・創造力とデジタル時代ならではの豊かな表現力を養う
WeDo スクラッチアカデミー小2・小3~90分×21回/年Scratchを使って、「WeDo 2.0」と連携させながら様々な課題に挑戦する
ワールド・コーディング小2・小3~60分×42回/年2年間プログラム新しいプログラミング教材「レゴエデュケーションSPIKEプライム」を活用し、医療や空港など実社会で活躍するテクノロジーの仕組みや機能を探究
ワールド・ロボティクス小3・小4~50分/60分×42回/年2年間プログラムロボット教材「レゴマインドストーム」を使い、自律型のロボットデザイン、プログラミングの基礎を習得。アイデアとデジタルを融合させたテクノロジーを創造すること、社会性を発揮するスキルを高めることが狙い

※教室によって提供コース・内容は異なる場合があります。詳細は各教室へ
 お問い合わせください。

費用を抑えてレゴプログラミング教育をする方法は?

費用を抑えてレゴプログラミング教育をするには、自宅学習がオススメです。

2つの方法をご紹介するので、何を優先するか考えて選択してください。

通販サイトでレゴキット単体を購入する

楽天市場やAmazonといったネットショッピングを利用して、レゴキット単体で購入するのが最も低コストです。

レゴスクールで使用しているレゴエデュケーションのキットをネット購入した場合、

価格相場は以下の通り。

  • レゴ®wedo 2.0:2万5千~3万5千円程度
  • レゴ® エデュケーション SPIKE™ プライム:6万~6万5千円程度
  • レゴ® マインドストーム® EV3 基本セット:7万~8万程度

「レゴ®ブースト」のようにプログラミングができるおもちゃである【玩具版】は、2万円程度で手に入ります。

特に輸入並行品が割安で販売されていますが、国内正規品には付いている部品がなかったり、トラブルがあった際に問い合わせに苦労したりするケースがあるのでご注意を!

また、子どもが慣れるまでは親のサポートが必要です。

レゴプログラミングの学習効果を上げたい場合は?

【教育版(レゴエデュケーション)】のキットを使用した、アフレルやZ会のテキスト付き教材がオススメです。

”一時的に遊んでおしまい”ではなく、レゴプログラミング教室に近いイメージで、体系的に学ぶことができます。

アフレルのテキスト付レゴプログラミングキット

  • レゴ® WeDo 2.0 for home by アフレル:35,970円(税込)
  • レゴ® エデュケーション SPIKE™ for home by アフレル:69,410円(税込)
  • レゴ® マインドストーム® EV3 for home byアフレル:71,500円(税込)

※2021年4月時点。時期によって内容や価格が異なる場合があります。

 詳細はアフレルの公式サイトをご覧ください。

Z会のプログラミング講座 with LEGO® Education

毎月支払い12カ月一括払い教材費
基礎編5,093円/月(税込)51,942円/年(1カ月あたり:4,329円)レゴ®エデュケーションwedo 2.027,951円 (初回のみ)
標準編5,800円/月(税込)59,160円/年(1カ月あたり:4,930円)レゴ®エデュケーション SPIKE TM プライム50,380円(初回のみ)

詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

Z会のプログラミング講座の評判・口コミまとめ

【小学生向け】Z会のプログラミング講座の評判・口コミまとめ こんにちは、『プログラミングの王子様』編集部です。 小学校でプログラミングが必修化されたことをきっかけに、プログラミング教室やプ...

自宅でできるレゴプログラミングについて、魅力やキットの選び方の詳細は

以下の記事をご覧になってください。

【小学生向け】自宅でできるレゴプログラミングの魅力とは?

【小学生向け】自宅でできるレゴプログラミングの魅力とは? 【小学生向け】自宅でできるレゴプログラミングの魅力とは? 遊びながら学び(Playful Learning)、作ることで学ぶ(H...

こちらの記事も合わせてどうぞ。

【相場】レゴプログラミングの教室の月謝はいくら?

【相場】レゴプログラミングの教室の月謝はいくら? こんにちは『プログラミングの王子様』編集部です! ママ レゴプログラミングの教室の月謝っていくらくらいかかるの? この記...
【無料】おトクな3つの情報

プログラミング・ロボット教室リタリコワンダー
無料体験やってます!

②ソニーが開発したプログラミング教材
KOOVのプログラミング教室無料体験実施中!

③お家で好きな時間にプログラミング学習ができます!
Z会プログラミング講座
無料で資料請求ができます!